2018年05月17日

タイピングのコツ

759101_0.jpg
パソコン操作と切っても切れないのがタイピング。
パソコン初心者の方で、タイピング得意です!という方はほとんどいません。
というのも、タイピングは経験を積む程早くなるものだからです。

インターネット上にはタイピングに関する記事がたくさん掲載されています。
「タイピング」「コツ」で検索するといろいろヒットしますが、大体内容は同じです。

その中でも、初心者向けによくまとまっているブログを紹介します。
初心者のためのキーボードタイピングが確実に上達する5つのステップ
キータイピングを上達させるためには、以下の5つのことが非常に重要になります。
●ホームポジションを覚える・確実にもどる
●タイプするキーと指の関係を守る
●手元を見ずにキャレットを見る
●速く打つより正確に打つ
●練習と仕事は別!練習は必要

記事の中で、ゲームによるタイピング練習が推奨されています。
タイピング練習はスポーツで例えると素振りや型の練習のようなもので、地味ですぐに効果が見えにくいものです。
そこで気分転換も兼ねていろいろなタイピングゲームで遊んでみるのがおすすめです。(私もタイピングゲームにはお世話になりました)

また、タイピング練習の目標を試験への挑戦に設定するのも、モチベーション維持の方法の一つです。
毎日パソコン入力コンクール(6月中試験実施)は5月31日申込締め切り、
日本情報処理検定 パソコンスピード認定試験(6月30日試験)は6月6日締切となっています。
posted by 合格請負人 at 11:21| Comment(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

簿記の学習で大事なこと

テキストを一通り学習したら問題練習に移りますが、

多くの時間をかけてたくさんの問題を解きながら、同じところで間違えてしまう方がいます。

本番でもやっぱりここで間違えた、できなかったになります。

night.jpg

何がいけないかというと、答合せをした後にしっかり時間を取らないことです。

正解を見て、「ああ、そうか」ですぐに次の問題にいってしまう。

それでは記憶に残りません。

まず間違えて悔しいなと思うこと。そしてどのように考えて自分は間違えたのか、どうすればよかったのか。

何を覚えておくべきなのか。覚えるべきことがあるなら、それを紙に書いて、見て、口に出して覚える。

それから次の問題にいくべきです。

しっかりとご自分の意識に残すのです。


答え合せをして、丸が少なくてバツばっかりだったとしても、がっかりしないでください。

むしろ、「しめた」と思いましょう。

問題練習は自分のできないところを見つけるためにやっているのです。

「こんなにたくさん、できないところを見つけたぞ」「ここを勉強したら、ぐっと得点が増えるぞ、よおーし」と考えてください。

検定日が近づいてきましたが、まだまだこれから得点を伸ばすチャンスです。


画像は、夜の飯田ビジネス学院です。
posted by 合格請負人 at 11:58| Comment(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

この時期の日商簿記学習法

 平成30年2月試験に向けてラストスパートに入ってきました。

 今回はどこから出題されるかが気になってくる時期ですね。

 しかし、今はヤマを張るような勉強でなく、配点の多い問題をしっかりと固めるべきです。


 第3問の試算表、第5問の精算表と財務諸表です。合わせて60点配点です。

 満点近く取ればほぼ合格は固いですし、大失敗すれば絶望的となります。

 第3問と第5問を毎日1問ずつ解くといいですね。


 ここで重要な注意点です。

 この時期になったら、時間を決めてその制限時間の中でどれだけ点を取るかと考えて取り組まないといけません。

 どちらの問題も30分ずつと決めるといいでしょう。

 すべての解答箇所が採点されるのではなく、決まったところに点が付きます。

 当然、難しいところが採点箇所です。

 「あそこで間違えたけど、なぜか満点だった」という受験生もいるし、8割がた出来たと思っている人の点がほとんどなかったりもするのです。

 そこで、時間が足りないときは点が取れそうなところだけを書いていって、

 悪くても30点のところ20点以上とれるようにすることが重要です。

 今はそういう練習を繰り返しましょう。


 ところで今回の第5問は財務諸表の方が可能性が高いです。
posted by 合格請負人 at 08:12| Comment(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド