2015年03月04日

公共職業訓練、落選〜4

 1年間選定されなかった公共職業訓練。

 今回絶対の自信があったのは、

 就職目的の訓練で過去の就職率がずば抜けて高いこと、

 代表の私に開講経験が多いことの他にもう一つ、

 大きな理由がありました。


 それは、カリキュラムの工夫です。

 県からは仕様書が示されますが、それを踏まえてプラスアルファの工夫が求められていて、

 私は徹底的に考え抜いてカリキュラムを作ります。

 今回も仕様書が示されてから提案書の提出期限までの3週間、

 考えに考えました。


 5月12日に開講するコースについて、

 仕様書では日商簿記3級が目標資格とされていましたが、

 飯田商工会議所のサイトを見ると、昨年は5月9日が締切となっていたので、

 電話で会議所に確認しました。

 「申込期間はまだ決まっていませんが、昨年通りなら同じ時期となります」との回答だったので、

 受験は不可能だと判断しました。


 開講期間が5月12日から8月11日、

 6月試験は申し込みが不可能で、

 11月試験はというと、

 3か月以内に就職を求める職業訓練なのに、

 修了3か月を超えての受験となってしまうので、

 受験が不可能というか目的に合わなくなってしまいます。


 そこで、日商簿記3級を目標資格から外し、

 受験対策の簿記ではなく実務中心の簿記とした企画をし、選定委員会でもこのことを詳しく説明しました。


 ところが、簿記を受験する企画が通ったようだったので、

 飯田技術専門校に確認に行きました。

 担当の方は、採用された企画は6月に受験するものだったことを明言され、

 6月に受験はできるのだということを、何度も言っておられました。


 今後、商工会議所と交渉して受験申込みができるようにするのか、

 あるいは受講開始前に受験申込みをするように受講生に連絡するのかもしれませんね。

 3週間、目標資格とカリキュラムを悩みぬいたことはまったく無意味でした。

 これほどの重要な工夫をしても、

 その点でまったく工夫をしない企画に負けるほど、

 その他の点で飯田ビジネス学院は駄目だということなのですが、

 まだ、それが分かりません。
posted by 合格請負人 at 07:58| Comment(0) | 公共職業訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

公共職業訓練、落選〜3

 公共職業訓練で1年間選定されなかった理由は、まだ分かりません。

 とりあえず当校の強みをあげていって、

 強みでないところが弱いところと考えることにしましょう。

317.JPG

 最近1年間の就職率が6コース中5コースで100%だったことは前の記事で書きました。

 選定委員の方から「随分就職率が高いが・・・」と言われたし、

 後日、飯田技術専門校を訪問した時も、

 職員の方が認めてくださいました。


 就職が目的の職業訓練なのだから、

 就職率はもっとも重要な成績だと思います。

 これでリードすればかなり有利だと考えていたわけですが、

 それがひっくり返るほど、

 当校の評価が悪い項目があるということになります。


 就職率以外で自信のある点は、私の経験・実績です。

 宮田村商工会職員時代に、宮田ビジネス学院を企画提案し、

 設立後は職員としての仕事をこなしながら、

 宮田ビジネス学院が受託した公共職業訓練を運営、講師、就職支援のすべてにわたって担当してきました。

 宮田ビジネス学院で実施した公共職業訓練、基金訓練、求職者支援訓練と、

 当社が独立して株式会社アンダンテとして受託した公共職業訓練、

 当社が飯田ビジネス学院で実施した求職者支援訓練を合わせると、

 前回の選定時点で、開講中のコースを含めて46コースありました。


 訓練を開講する訓練施設の運営責任者兼講師兼就職支援責任者である私の経験・実績を、

 他校の運営責任者、講師、就職支援責任者のそれを比較していただければ、

 この項目においても強みを持っていることが分かっていただけると思います。


 画像は、飯田ビジネス学院の近くにあるロータリーです。
posted by 合格請負人 at 06:20| Comment(0) | 公共職業訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

公共職業訓練 落選〜2

 半年に1回の選定で、2回連続選ばれませんでした。

 ビジネス系の訓練が毎回2つあって、3社競合なので、

 3社の中で2番に入れば何とかなるかなと思うんだけど、

 2度続けて最下位の評価だったということかと思います。


 その現実は受け入れなければいけないんだけど、

 今後、どこを頑張ったらいいのかが分かりません。


 就職が目的の訓練なわけだけど、

 当校は就職率が大変よかったのです。

 1回目の選定では、直近の就職率が100%、
 
 2回目の選定では、公共職業訓練の直近2コースが連続100%、

 さらに、もう一つの制度である求職者支援訓練を加えると、
 
 直近6コース中5コースが100%という結果。


 ダントツの成績を上げても選ばれないほど、

 他の部分が悪いということになります。

 それを見つけて改善しない限り、飯田で公共職業訓練を受託することは、

 永久にできません。
posted by 合格請負人 at 11:10| Comment(0) | 公共職業訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

公共職業訓練はまたも落選

 校長です。 
 
 公共職業訓練は半年に1回、提案競争の形で選定されます。

 入札ではないから金額が安ければ決まるというのではなく、

 実績や提案の内容が評価されての選定です。


 昨年6月の選定で、26年度後半のコースが決定されましたが、

 みごとに落選しました。

 その時の記事です。 → http://bokiv.seesaa.net/article/406743596.html


 で、今回は平成27年度前半の選定だったのです。

 パソコン、簿記などのビジネス系のコースが2コースあったので提案を出しましたが、

 どちらも選ばれませんでした。

 実績や工夫など、自信があったので目の前が真っ暗になりました。


 それというのも、飯田ビジネス学院を開校した目的が職業訓練を実施することにあり、

 その半分が公共職業訓練だからです。

 目的の半分については何もできないまま1年を過ごすことになりました。


 何が足らないから選ばれないのか、

 なんとしても見つけて改善しないといけません。

 でないと、二年目も何もできずに教室を借りてスタッフを雇っていることになります。

 このブログで自問自答しながらこの答えを見つけていきたいと思います。

 次回の選定まで、あと4か月です。
posted by 合格請負人 at 16:31| Comment(0) | 公共職業訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

公共職業訓練、落選

 今年度後半に開催される2コースのうち12月に始まるコースに応募していたのですが、

 選ばれませんでした。

DSC_0059.jpg

 就職が目的の職業訓練です。

 当社の直近3コースの就職率は、84%(15人)、80%(14人)、100%(15人)、

 特に、一番最近の100%という結果は中々出ない難しいものです。

 だから絶対の自信がありました。


 上伊那では1コースしかない中で選ばれました。

 飯田はなんで、という感じです。


 就職率だけではないですよ。

 職業訓練の開催実績は商工会時代を含めて40コース、

 資格取得は受講生1人平均4個、

 講師の経験、資格、

 パソコンが身に付くための工夫、

 受講生の経験差に対応する運営方法、

 修了後の継続した就職支援、

 そして、私のプレゼンもしっかりできました。


 それでも選ばれない、

 飯田の訓練施設はどれだけの結果を出しているのだろう。

 上伊那とは桁違いのレベルがあるのかもしれない。
posted by 合格請負人 at 08:48| Comment(2) | 公共職業訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。