2016年01月22日

ソフトウェアライセンス

 授業でソフトウェアライセンスについて教えていますし、

 国や県の仕事もしていますので、

 パソコンソフトのライセンスについて、違反がないか、間違いがないかということには相当気を使っています。

 特に、毎日大勢の受講生が使うマイクロソフト社のWindowsとOfficeについてですが、

 海賊版がだめだとか、ライセンス条項に違反して多くのパソコンにインストールしてはいけないとかは当たり前のこととして、

 正規に購入したライセンス(パソコンを買ったらプレインストールされていた、電器屋さんなどでパッケージソフトを買った、マイクロソフトの代理店から何台分としてライセンスを買った)でも、

 それは自分が使えるライセンスで他人に貸与すると違反になります。

 ですから教室が購入したソフトをそのまま使えるのは事務と講師だけで、

 受講生に使わせると違反です。


 このことは昔はグレーゾーンと言われていましたが、

 マイクロソフトは2010年にレンタルライツというものを発表し、発売しました。

 グレーではなく黒になったのです。

 これはパソコン教室や公共職業訓練を受託実施する施設、パソコンレンタル業者、宿泊客にパソコンを使わせるホテルや旅館などに適用されます。

 ソフトを正規に購入したライセンスとレンタルライツ、

 2つのライセンスを示せなければ違反営業ということになるのです。

 
 当社は、CPLS-ITProといってマイクロソフトと直接の契約をしています。

 CPLS-ITProになるにはたくさんのハードルを越えないといけないので大変ですが、

 メリットもたくさんあります。

 
 その一つがライセンスです。

 自社使用ライセンスが25。

 当社の事務所などでWindows、Officeやサーバーソフト、プログラム開発用のソフトなど、

 たくさんのソフトを自由にインストールして使用できます。


 そして受講生用にはクラスルームライセンス。

 これは上限200台です。

 飯田ビジネス学院と宮田ビジネス学院を合わせても200台もありませんから、

 当社にとっては無制限と同じです。

 クラスルームライセンスはマイクロソフト社のソフトを使って授業をするためのライセンスですから、

 受講生が使うためのものなので、レンタルライツは不要なのです。
posted by 合格請負人 at 13:43| Comment(0) | 公共職業訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

公共職業訓練、プロポーザル説明会

 今日は平成28年度上期の公共職業訓練の説明会があってスタッフが長野市へ行っています。

 プロポーザルというのは、簡単に言うと提案競争です。

 この講座の委託を受けて実施したい訓練施設が、

 工夫して提案する。

 一番良い提案をした訓練施設に仕事を発注するという仕組みです。


 宮田ビジネス学院は、商工会時代から数えると来年度は13年目になります。

 当社がやるようになってから数えても7年目です。

 その間、ほぼ毎年お仕事をいただいています。良い評価をいただいていて大変有難いことです。


 飯田ビジネス学院も今度のプロポーザルは4回目となります。

 まだ一度もお仕事をいただいていないのですが、

 宮田でできることがなぜ飯田でできないのかが、さっぱり分からず、

 どこが悪いのかは教えてもらえないので、

 疑心暗鬼になりながらあれこれと変えては提案してきましたが、

 もしかしたら良いところを悪く変えているかもしれません。


 前回から半年たちましたが、

 こうすれば選ばれるだろうという決定的なものは見つかりません。

 もう、やめた方がいいんじゃないかとも思います。

 どんな提案をするか考えてみて、

 これならというものができそうなら、作ってみるけど、

 それが思いつかなければ時間の無駄です。
posted by 合格請負人 at 15:22| Comment(0) | 公共職業訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

公共職業訓練〜落選8

 6月に飯田技術専門校に提案した平成27年度下期の公共職業訓練ですが、

 またも不選定でした。

 これで3回連続、1年半、公共職業訓練を受託できませんでした。


 そもそも飯田ビジネス学院を開校した目的の半分が公共職業訓練の受託実施でしたし、

 それを効果的に実施するには公民館を借りるのでなく常設施設にするべきで、

 その施設はここしかないとほれこんで借りたわけで、

 しかし実施できずに1年半、施設を遊ばせてしまいました。


 あまりのショックで、落選したことをブログに書くことも3か月以上できませんでした。

 今は4回目のプロポーザルに参加しようとは思えません。

 あらゆる項目で負けているとは思えないので、

 改善もしようがありません。


 毎回、結果が出た後、飯田技術専門校に話を聞きに行きますが、改善点は教えてもらえません。

 2回目の落選の後、飯田技術専門校に行って、「こんなに成績がいいのに選ばれないのでは、永久に無理ですね」と言って帰りました。

 3回目の落選の後は私が行けなくて別のスタッフが行きましたが、

 やはり「永久に無理ですね」と言ってきたそうです。


 ダメなところが分かれば良くしていくことができますが、

 毎回分からないまま試行錯誤、

 こうしてもダメ、ああしてもダメ、で

 もう何が良くて何が悪いのか、ますます分からなくなってしまいました。
posted by 合格請負人 at 11:53| Comment(0) | 公共職業訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

公共職業訓練の計画発表

 先日、平成27年度下期の公共職業訓練について、

 プロポーザル説明会があり当校のスタッフが行ってきました。

 飯田でのビジネス系訓練は2コース予定されているそうです。

 以前、飯田技術専門校に相談に伺った時は、

 平成27年度の下期は2コースから1コースに減りそうだと聞いていたので、

 減らなかったのはすごく嬉しいけど、

 1コース分の教室しか空けていなかったので、

 今度は教室のやりくりが大変。


 でも、公共職業訓練をやるために飯田市に飯田ビジネス学院を開校したのだから、

 頑張ります。
posted by 合格請負人 at 06:34| Comment(0) | 公共職業訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

公共職業訓練〜落選7

 勘違いしていたかもしれません。


 落選した5月12日開講のコースは日商簿記3級が目標資格になっていて、

 でも去年の日程に当てはめると受験は不可能で、

 提案書の提出時に飯田商工会議所に確認したけど、

 申込期間は決まっていないというので、私は目標資格から外して提案しました。


 しかし最近、申込期間が発表になって、受験が可能だということがわかりました。


 冒頭に「勘違いしていたかも」と書いたのはこのことではありません。

 もし、日程的に受験できなかったなら、

 資格が取れると思って入校した受講生に申し訳ないことになるので、

 受験できる確信がなければ、やはり企画から簿記受験は外すべきだと考えています。

 私は、簿記初心者が日商簿記3級に合格するためには学習期間は3か月がベストで、最低2か月はほしいと考えています。

 開講から1か月半という企画で1コースだけやったことがありますが、

 合格率はまあまあだったけど、受講生のお一人から強烈な不満が出ました。

 やはり、2か月以上は取りたいと考えて、

 今回の選考委員会プレゼンでは、開講から1か月で簿記資格を目標にすべきではないと力説したわけです。

 申し込みができるかどうか、

 申し込みまでに学習が進んで受験を判断できるかどうか、

 合格できるかどうかなど、

 受講生のことを考えてカリキュラムを工夫しているのだということをアピールしたので、

 絶対に選ばれると思ったわけです。


 しかし、勘違いしていたかなと思うのは、

 1か月では絶対に合格させられないという飯田ビジネス学院と、

 1か月でできますよという他の施設(何て言ったかはわかりませんが)を比べたら、計画通り1か月でできるという施設を選ぶというのは、当たり前の選択かもしれないということです。

 う〜ん、でもやはりうちはどうしても無理だな。

 2月27日に開講した求職者支援訓練「IT経理基礎科」は、

 3月10日に簿記の授業が始まりましたが、1か月半経過して、まだ精算表までいっていないですからね。
posted by 合格請負人 at 15:37| Comment(0) | 公共職業訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。