2016年03月10日

日商簿記試験範囲変更と新講座

 校長です。日商簿記は28年6月試験から出題範囲が変わります。

 2月試験に向けて勉強して受験を断念した方、

 受験したけど結果が悪かった方は、

 同じテキスト、問題集で勉強していると変更箇所の対策ができません。


 そこで、一通りの学習が済んでいる方向けに新講座をいくつか用意しました。

 新講座 その1

 時間・回数無制限 受講料15,000円(税別)

 テキスト・問題集はご自分が使用されているものをご持参いただきます。

 毎日でも何時間でも、営業時間の中ならいつでも教室に来て勉強でき、

 好きな時に質問できます。

 試験範囲の変更点、新しく加わる項目の解説、

 試験直前の学習方法、出題予想などをマンツーマンで解説します。

 模擬試験も当校の教材で実施します。


 新講座 その2

 そんなにたくさんは教室に来られない方、

 主に自宅で学習するので、ポイントだけ教わりたい方は、

 時間制で学習していただきます。

 50分授業4回で5,000円(税別)

 または50分授業9回で10,000円(税別)です。


 当校の簿記講座や職業訓練を受講された方の他、

 他校で受講された方、独学で学習してきた方もぜひどうぞ。
posted by 合格請負人 at 07:08| Comment(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

MTA〜セキュリティに合格

 校長です。

 MTA試験の2科目めはセキュリティ

 合格しました。

 公式トレーニングテキストや市販の問題集にはない内容からの出題も多いので、

 勉強方法に工夫が必要です。


 4月初めから講座を開設しますが、

 これから指導方法を練り上げます。
posted by 合格請負人 at 07:25| Comment(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

日商簿記合格講座

 日商簿記2級合格講座は、

 試験の4か月前から始まるので、すでにスタートしていますが、

 最大4か月なのでいつ入校してもいいのです。

 時間にゆとりがあって多くの時間、授業に来られる方、

 最近3級に合格していて基本ができている方などは

 まだまだ間に合います。


 日商簿記3級合格講座は、

 試験の3か月前から始まりますので、もう少しお待ちください。


 いずれも、平日の午前、午後、夜、土曜日の午前、午後の

 お好きな時間帯を予約でき、それぞれの生活に合わせて学習を進めることができます。
posted by 合格請負人 at 10:47| Comment(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

MTA〜ネットワークに合格

 校長です。

 先週、マイクロソフトのMTA試験(ネットワーク)を受験し合格しました。

 MTAというのは、プログラマやシステムエンジニアなどの技術者が目指す資格であるMCPの基礎編という感じの資格・試験で、

 これからIT関連企業に就職を目指そうという高校生、大学生、若者や、

IT分野に就職して間がない方、

IT企業で働いている経理、事務、営業などの職種の方にぴったりな内容です。


 しかし、MTA合格を目指す講座は都会では30校くらいが開講していますが、

田舎町にはほとんどありません。

 長野県では長野市で1校、開講されているだけです。


 MTA講座を開始するためには、

たくさんのハードルを越えて、CPLSというマイクロソフトの公認スクールになり、

そのスクールには試験に合格したMCTという公認インストラクターが必要で、

しかもMCTは該当するMTAに合格していなければ講座を開くことができないのです。


 法律で決まっているとかではないので、資格のない人が教えても罰せられるわけではありませんが、

先ほどの条件をクリアしなければ公式トレーニングではないし、

そもそもテキストが一切市販されておらず、

MCTしか公式テキストを見ることができないので、

CPLSでなければ十分な講義ができないのです。


 飯田ビジネス学院はCPLSで、私ともう一人がMCTなので、

あとはMTA合格だけが条件でした。

 そんなわけで久し振りに試験に挑戦し資格を取りました。

MTA講座は、3月後半から開講しようと準備中です。
posted by 合格請負人 at 16:36| Comment(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

MTA講座

 すでに飯田市で試験を開始しているMTA試験ですが、

 MTAという一つの資格ではありません。

 次の9つの試験、資格に分かれています。

MTA_Logo.jpg

 MOS試験がWord、Excel、PowerPointなどに分かれているのと同じです。

 98-349 オペレーティングシステムに関する基本事項

 98-361 ソフトウェア開発に関する基本事項

 98-364 データベースの基本事項

 98-365 サーバー管理の基礎

 98-366 ネットワークの基礎

 98-367 セキュリティの基礎

 98-368 テクノロジの基礎

 98-369 クラウドの基礎

 98-375 HTML5アプリケーション開発に関する基本事項


 これらの試験に合格するための対策講座を飯田ビジネス学院で開講しようと準備中です。

 飯田下伊那の皆さんにIT企業とIT関連の職種への道を開くには、

 多くの皆さんにこの分野の学習を進めないといけませんが、

 まだあまり知られていないようです。


 今年は開講記念ということで特別価格でできるといいけど・・・。

 思案中です。

 
posted by 合格請負人 at 13:14| Comment(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする