2018年02月11日

秘書検定の問題の解き方

 校長です。今日は全国的に秘書検定が実施されていますね。

二階教室_左後.jpg

 秘書検定は多くの問題で、

5つの選択肢から適切なものまたは不適切なものを1個選ぶ形式となっています。

適切なものと不適切なものを取り違えたら絶対正解できませんから、注意が必要です。

問題文にも「不適切なもの」の方にはアンダーラインが引かれていて、間違えないようになってはいるのですが、でも、けっこう勘違いして答えを書いてしまう方がいます。

 
 では、どうしたらいいか。

 選択肢の一つ一つについて、適切なものには問題に○、不適切なものには×、どちらか分からないものには△を付けます。

 そして、もう一度問題文を確認して、適切なものを選ぶときは○を探し、不適切なものを選ぶときは×を探します。

 候補が複数ある時は、もう一度選択肢を吟味して解答を見つけます。

 受験生の検討を祈ります。

 画像は、飯田ビジネス学院の定員24名の大教室です。
posted by 合格請負人 at 11:22| Comment(0) | ポイント解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
タグクラウド